読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸の感想ブログ~久々に大河が見たくなった。

堺雅人主演の大河ドラマ真田丸の感想、キャスト、音楽、撮影情報など記事にしてます。

真田丸第3回「策略」の感想【寺島進がシブかった】

ドラマの感想

 大河ドラマ第3回「策略」の感想を書きます。


第2回「決断」のような、

・ジーン(武田勝頼の最期)ときたり

・ハラハラ(息子信繁や信幸のピンチを父昌幸が救う)するようなシーンはありませんが、下克上の戦国時代で、一族を守るために駆け引きする真田昌幸が愉快でした♪


大泉洋演じる真田信幸が父の織田信長への駆け引きに巻き込まれて、ショボンとなるシーンが切なかったです。


今Kindleで読んでる「真田太平記」だと、真田昌幸は長男の真田信幸に厳しい感じです。

真田家を継ぐ長男への愛のムチか?

まだ1巻しか読んでないので何ともいえませんが。逆に真田信繁には、親バカな感じ。


大河の真田丸では草刈正雄演じる真田昌幸は、兄弟平等に接しているように感じてます。今後どうなるか分かりませんが。

 


今日のポイントは2つ。


ひとつは

佐助(藤井隆)と真田信幸(大泉洋)が上杉に手紙を届ける道中、出浦昌相(寺島進)と室賀正武(西村雅彦)の手にかかり大事な手紙が奪われるシーン。

 

これが実は真田昌幸と出浦昌相が組んでいたという話の展開。

 

佐助なんか、切られて血をはいてたんですが。。。全部演技だったというオチ。

 

室賀正武を利用して、織田信長に対して自分(真田昌幸)に興味をもってもらうための策略だったという。

 


もうひとつは昌幸の弟、信尹(のぶただ)を真田信繁が自分の手本であると言うシーン。

そして信尹がそっと信繁の肩に手おかける。兄を支える立場という共通点があるわけですね。


いいシーンでしたが、見方をかえると真田信繁は人の心を掴むのがうまいとも思えました。

出浦昌相(寺島進)とあっても、新しい技を教えて下さいね!とふるまってたし。


梅(黒木華)、きり(長澤まさみ)が登場して恋愛話も加わり、物語に厚みがでてきそうです。今後が楽しみです。