読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸の感想ブログ~久々に大河が見たくなった。

堺雅人主演の大河ドラマ真田丸の感想、キャスト、音楽、撮影情報など記事にしてます。

真田丸第10回「妙手」の感想|上杉景勝のシャカキャラが良かった

ドラマの感想

真田丸第10回「妙手」見終わりました。


今回は
徳川家康(内野聖陽)、
北条氏政(高島政伸)、
上杉景勝(遠藤憲一)、

この3大名のキャラがたっていて、見応えがありました。

家康はテキトーな感じ
北条はワルソーな感じ
上杉はオシャカさまーな感じ

この3人のなかでも遠藤憲一さんが演じる上杉景勝が良かった。

上杉謙信のころのような勢力はないにせよ、
その精神を受け継いでる感のシャカキャラで

ずうずうしく、再び目の前に現れた真田信繁(堺雅人)の
「上杉に戦芝居をしてほしい」という頼みを受け入れるという器のでかさ。

「殺されるかもしれぬのに、わしのところへやって来た、
お前の勇気に免じて、この話、乗ることにした」

「試してみようではないか。
あの男に真があるか否か」


大河ドラマで上杉景勝役を演じた方はたくさんおられますが
わたしの印象が強いのは「利家とまつ」の里見浩太朗さんです。

時代劇のスターですから、当然演技も神なんですが
戦国大名という男を感じるのですがシャカ的な空気ではなく
真田丸の遠藤憲一さんが自分のイメージにピッタリきてます。

今回は父真田昌幸(草刈正雄)よりも
真田信繁(堺雅人)が目立ってましたね。

だんだん主人公らしくなっていくということでしょうか。
次回も楽しみです。