読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸の感想ブログ~久々に大河が見たくなった。

堺雅人主演の大河ドラマ真田丸の感想、キャスト、音楽、撮影情報など記事にしてます。

真田丸第12回「人質」の感想。上杉景勝と直江兼続がカッコ良かった

真田丸第12回「人質」、
この話は上杉景勝が主人公と言って良いくらい、かっこよかった!

先代の上杉謙信のころのようにいかない、跡継ぎの悩み。


「今のわしには、話しを聞いてやることしかできぬ。
・・・これが本当のわしじゃ」


このシーン、遠藤憲一さんの演技が素敵でした。
理想と現実の間にくるしむ、そんな上杉景勝が
伝わってきました。


もともと上杉景勝は養子なわけですが、
父謙信が亡くなってから、

跡継ぎ争い
そして織田信長が攻めてくる
そして領土内で反乱

と逆境を超えてきた人ともいえます。
ある意味、もってる人ですね。はい。


特に織田信長が上杉の領土に攻めてくる!!
となったときに本能寺の変。

そして北条と徳川という壁があるときに
豊臣秀吉が台頭してきたのはラッキーだったといえます。

 

真田丸では、上杉景勝は戦略家ではないけれども
人をみるめは持っている人物として描くと
公式ガイドブックにのってました。

 

 

ピーク時の力はないことは分かりますが
上杉謙信のころと、どの程度の差があるのか
よく分かりません。

ここは勉強しないといけませんね(汗)

 

徳川家康がいよいよ完成した上田城を攻めてくると判明したとき
上杉景勝は、真田を守るという約束を守ります。

真田信繁(堺雅人)に会う前までの
「言うだけ番長」「何も専務」ではなく。


上杉とて、真田に援軍をだせる余力はないものの
100名用意してくれました♪

このシーン良かったです。


約束を守ると言う上杉景勝と
そうくると思って準備していた直江兼続

理想の強い主と
それを支える家臣

この2つが固い絆で結ばれている感じがしました。
直江兼続は厳しい人ですが、それも上杉を守るために
やっていることで、本当は優しい人なんだなと。

やさしさだけでは守れないこともあります。
直江兼続の「愛」を感じましたよ。

 

次回は合戦シーン満載でしょうから、
大河!って感じになるんでしょうね。

三谷さんの脚本に期待してます。