真田丸の感想ブログ~久々に大河が見たくなった。

堺雅人主演の大河ドラマ真田丸の感想、キャスト、音楽、撮影情報など記事にしてます。

真田丸第13回「決戦」たけし城みたいでおもしろかった

真田丸第13回「決戦」を見終えました。


区切りの回ということで、戦闘シーンばかりでした。


徳川軍(7千)
総大将:鳥居元忠
大久保忠世、平岩親吉


真田軍(2千)
総大将:真田昌幸
真田信之


真田信繁

 


スポンサがーが徳川家康の上田城での戦いです。
ブラタモリで見てたので、お城の知識は少しある状態で
楽しむことができました。


城下町をふまえて、高いところから合戦の様子が撮影されていたりと、
見応えのあるシーンがたくさんありました。


あのセットを、ユニバーサルスタジオみたいな所で
アトラクションとして展示したら
おもしろそうだなと感じました。


子どものころテレビでみた「風雲!たけし城」を
思い出してしまいました、

お客さんが真田軍になって
徳川軍をやっつけるという感じでムリっすかね???

 

死亡数は徳川軍が約1000人
真田軍は50人以下ということでした。

 

そもそも戦いの原因は「沼田城」です。
ドラマでは描かれませんでしたが、
矢沢頼綱(綾田 俊樹)の活躍も見逃せません。


ドラマではふれられてましたが、徳川がせめてくれば
沼田に北条があらわれるの。。。

これは本当の話のようで、数回の攻撃を撃退しているということです。
真田昌幸(草刈正雄)からみると、叔父にあたるこの人物。
少し短期な感じはしますが、ただ者ではないですね。

 


梅(黒木華)の死亡フラグはたちこめてましたので、
どのシーンでなくなるのかも注目しておりました。

公式ガイドブックに概要は書かれてあるので
あえて、そこは見ないようにしております。


最後の最後で、死んでしまう。
殺害シーンはなし。

というのは、大河ファンとしては
少しものたりなかった気はしました。

黒木華さんは、とても古き良き日本人女性
というイメージがあって、
主人公の初恋の人にピッタリだと感じました。


もう少しでてほしかったな~。

 

 

↓昔、大阪城や安土城のプラモ作りました。上田城も味わい深い!