読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸の感想ブログ~久々に大河が見たくなった。

堺雅人主演の大河ドラマ真田丸の感想、キャスト、音楽、撮影情報など記事にしてます。

第29話「異変」豊臣終わりの始まり

f:id:hideti01:20160724155343p:plain

真田丸29話「異変」を見終えました。

 

豊臣秀吉(小日向文世)の老いがハッキリと目に見える形であらわれました。おもらしをしたり、歩いてる途中で転んだり。石田三成や真田信繁はいかにして大名(特に家康)に、秀吉の最期が近いことをバレないようにするかで苦心します。

 

三成らの努力もむなしく家中の誰もが、秀吉の変化に気づき始めている様子。それは真田家も例外ではなく、せまる関ヶ原の戦いにつながりそうな会話も真田兄弟でありました。

 

壮絶な秀吉の終わりの始まり

老いを感じ気弱になる秀吉。

おもらしといえば、歴代大河では『功名が辻』の39話「秀吉死す」が印象深いです。
あれには唐沢寿明氏が前田利家役として出演しています。『利家とまつ』のファンとして嬉しいシーンでした(≧∇≦)b

 

秀吉隠居後について、石田には奉行たちで、家康には大名たちで、

という話がありました。後の五大老、五奉行のことですね。予習しておきましょう。

 

五大老、五奉行とは

ドラマのなかで秀吉が話していた五大老。五奉行の復習をしておきましょう。

 

・五大老

徳川家康(内野聖陽)
前田利家
宇喜多秀家(高橋和也)
上杉景勝(遠藤憲一)
毛利輝元
※小早川隆景

 

・五奉行

浅野長政
前田玄以
石田三成(山本耕史)
増田長盛
長束正家

 

 

気になる大谷吉継の病

 28話から大谷吉継(片岡愛之助)の具合が悪くなってますね。もともと白い頭巾をかぶっている武将としてのイメージが強く、真田丸では新鮮でした。やはり今後は白頭巾をかぶる感じになっていくんですかね~。

 

わたしの中での大谷吉継は2000年大河の「葵三代」。細川俊之さん演じる大谷が渋くてカッコ良かった。白頭巾をかぶってるので声で喜怒哀楽を表現しているのですが、ものすごく伝わってきました。関ヶ原の戦いの最期なんて、神でした。

 

気になったこと

真田信繁(堺雅人)の妻となった春(松岡茉優)。石田三成は気になる一言を信繁に残しました。詳細は語られませんでしたが、「春は酒をのむと別人になる」とかですかね?どんな設定になってるのか楽しみです。